人気ブログランキング |
秋田県庁産業労働部だより
sankeibu.exblog.jp

『秋田県庁産業労働部だより』をお届けします。あきたの産業や経済に関する最新の話題をご紹介します。※2018年度より年4回(5月末、8月末、11月末、2月末)の発行となりました。
検索
カテゴリ
以前の記事
2019年 11月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 02月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
最新の記事
リンク
記事ランキング
ブログジャンル
<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
赤川 克宗 産業労働部次長からご挨拶
赤川 克宗 産業労働部次長からご挨拶_a0133583_16360998.jpg

 『秋田県産業労働部だより』をいつもご愛読いただき、ありがとうございます。 
 
 うっとうしい梅雨の季節となりましたが、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。
 
 県内経済は、製造業の一部にやや弱含みの動きがみられるものの、個人消費は基調として堅調に推移しているとともに、雇用情勢も4月の有効求人倍率が過去最高となるなど、引き続き改善基調にありますが、足下の課題である少子高齢化や人口減少に伴う生産年齢人口の減少、国内市場の縮小などにより、本県の産業経済を取り巻く環境は益々厳しさを増しております。
 
 こうしたことを踏まえ、県では、秋田の創生の実現に向けて、昨年9月に、各種の重点プロジェクトを盛り込んだ「あきた未来総合戦略」を策定し、大胆かつ実効性のある施策・事業の一体的な推進に取り組んでいるところです。

 具体には、航空機や自動車、新エネルギー関連等の成長産業において、県内企業の参入や起業の促進を図るなど、本県経済の活性化と安定的な雇用の創出に向けた施策を展開していくとともに、TPP協定などを見据え、東アジア等の経済成長を秋田の発展に取り込むため、県内企業が海外へ果敢に打って出ることができる環境整備に取り組んでいくこととしております。

 また、地域における雇用の確保に大きく貢献している中小企業の振興を図るため、その経営基盤の強化に向けた取組を促進するとともに、競争力の強化や新たな市場開拓、新分野への進出など、企業自らの意欲的な事業活動に対して、きめ細かなサポートを継続してまいります。 
 
 こうした県の取組を、より実効性のあるものにしていくためにも、今後とも、皆さまからのご協力、ご指導をいただければ幸いです。
 
 これから夏本番を迎える折、一層ご自愛ください。


by sankeibu | 2016-06-30 13:32 | 幹部ご挨拶
【課長ペンリレー】商業貿易課長 鈴木 和朗
【課長ペンリレー】商業貿易課長 鈴木 和朗_a0133583_16563276.jpg

 梅雨の時期ですが、皆様には、いかがお過ごしでしょうか。
 
 この4月から商業貿易課にまいりました。
 
 当課は、商業・創業支援、情報産業、そして貿易・経済交流の3班、職員16人の体制となっておりますが、今回は、創業支援に係る新たな事業を紹介させていただきます。
 
 これまで、商工団体等と連携・協力し、若者・女性・シニアなど幅広い層を対象として、起業家意識の醸成や起業スキルの習得支援をはじめ、専門家による個別相談や初期投資費用への助成、さらには起業後のフォローなどを実施してきました。
 
 このたび、6月補正予算により「ICT活用によるグローバル起業家人材育成支援事業」を新たに実施することとなりました。これは、県内在住の大学生等を対象として、ICTツールを活用し、秋田を拠点に、国内外から付加価値の高い仕事を受注できる、起業家人材を育成しようとするものです。
 
 「秋田で新しいビジネスを創出するという意欲・野心」を持ち、「柔軟な発想」で「継続的にチャレンジ」していくことができる方、10人程度に集まっていただき、民間の起業支援事業者が、9月以降、研修プログラムを1年半にわたって実施します。
 
 今年度は、アイデアを事業化するためのノウハウを学ぶ「集中講座」や、県内企業が実際に抱えている経営課題の解決に、その企業と一緒に取り組む「実践道場」などにより、ビジネスの実践力を身につけてもらいます。
 
 2年目には、参加者にビジネスプランを作成してもらった上で、実効性の検証や、模擬的に起業してもらったりしながら、プランの磨き上げ・ブラッシュアップを行い、実際の起業に向けた準備とサポートを実施していくこととしております。
 
 これまでの事例としては、県内の大学在学中に起業し、外国人を主なターゲットとして、秋田ならではの体験型旅行商品の企画・販売等を行っている人や、東京から秋田にAターンして会社を立ち上げ、首都圏の映画・ゲーム制作会社等からCG制作の仕事を受注している人などがいらっしゃいます。
 
 前者のように「地域資源を活用」したり、後者のように「ICT分野に特化」したり、あるいは、それらとは違うタイプの起業でも、秋田を拠点として、国内外から付加価値の高い仕事を受注できる起業家人材を、一人でも多く輩出することを目指して、この事業に取り組んでまいります。


by sankeibu | 2016-06-30 13:32 | 幹部ご挨拶
「はばたく中小企業・小規模事業者300社」及び「はばたく商店街30選」に選定されました

 中小企業庁は、革新的な製品開発やサービス創造、地域貢献・地域経済の活性化などに取り組む中小企業・小規模事業者や、地域コミュニティの担い手として商業の発展や地域活性化に貢献している商店街を「はばたく中小企業・小規模事業者300社」及び「はばたく商店街30選」として選定しました。

 秋田県からは企業として4社、商店街として1組合が選定されています。

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」選定
  ・秋田印刷製本株式会社
  ・株式会社小松煙火工業
  ・株式会社デジタル・ウント・メア
  ・株式会社アスター

「はばたく商店街30選」選定
  ・横手駅前商店街振興組合

詳しくはこちらをご覧ください。

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」及び「はばたく商店街30選」に選定されました_a0133583_17092886.png


by sankeibu | 2016-06-30 13:31 | 産業・経済
産業技術センターが標準化活用支援パートナー機関として登録

 平成28年5月、産業技術センターが秋田県で初めて標準化活用支援パートナー機関として登録されました。

 標準化活用支援パートナーとは経済産業省と一般財団法人日本規格協会(JSA)が推進するパートナーシップ制度です。これは中堅・中小企業の有する優れた技術・製品を発掘し、標準化を通してその技術・製品の国内外におけるマーケティング支援等、皆様のご要望に応じた標準化の支援を行うものです。

【標準化活用の一例】
 ・新技術を開発し特許も取得したが、安全性や技術優位性を証明できない
 ・高度な技術に裏付けされた自社製品が、低品質の競合品に押されている 
 などの課題に対し、
           
 『評価基準や品質基準、検査方法などの標準化』により

 ■自社の技術や製品の安全性や優位性を内外の市場にアピールできる
 ■低品質な競合品との差別化が図られ、自社の技術や製品の普及促進につながる
 ■標準化の主導により、市場での取引ルールの舵を握る事ができる
  (事業戦略を優位に進める事ができる)

産業技術センターが標準化活用支援パートナー機関として登録_a0133583_17173496.jpg















詳しくはこちらをご覧ください。


by sankeibu | 2016-06-30 13:29 | 産業・経済
個店が連動した地域づくりの交流会~まちゼミを事例に今後の方向性を考えよう~を開催します

地域づくりや魅力ある個店づくりのための取組を実施している方々をお招きし、講演、事例紹介及び取組の実演を行っていただくことで、県内外の先進事例を学び、これからの地域の取組や個店の磨き上げに繋げ、また、参加者による意見交換を行うことで、参加者の交流を広げます。お店や商店街のこれからを考える場として御参加ください。

1 日時
  平成28年7月19日(火)15時~18時30分  

2 場所
  大仙市大曲「大仙市交流プラザのびのびらんど」(大仙市大曲通町3-3)

3 対象
  県内商業者、まちづくり会社等関係者、商店街振興組合等関係者等

4 内容
  (1)基調講演「魅力ある個店づくりと地域づくり~三方よしのまちゼミ~」
      講師:岡崎まちゼミの会代表 松井 洋一郎 氏
  (2)事例紹介
      ・大館まちゼミ実行委員会 実行委員長 泉 浩二 氏
      ・湯沢まちゼミ実行委員会 実行委員長 藤井 喜寛  氏
      ・ひなび大曲有限責任事業組合 代表組合員 辻 卓也 氏
  (3)株式会社全国商店街支援センターによる商店街支援事業説明
  (4)模擬まちゼミ(まちゼミを実際に見てみます)
  (5)意見交換    


※参加は無料です。
 できる限り公共交通機関をご利用ください。

 チラシ・参加申込書のダウンロードはこちらから

 【申込締切:平成28年7月5日(火)】


by sankeibu | 2016-06-30 13:28 | 産業・経済
県北地域 中小企業支援フェアを開催します
「つながれ、広がれ、企業のチカラ」
がんばる秋田の中小企業をオール秋田で応援!

秋田県中小企業振興条例の理念を踏まえ、地域の経済や雇用を支える中小企業を応援すべく、「ローマ法王に米を食べさせた男」著者の高野氏を講師に迎え「元気創造」につながる講演会を開催します。

1 日時
  平成28年8月4日(木)14時~16時30分(受付13:30~)

2 場所
  鹿角パークホテル2階 鳳凰殿(鹿角市花輪字堰向30-1)

3 内容
 【第一部】14時~14時50分
  ・中小企業支援制度及び補助事業活用事例紹介
   秋田県よろず支援拠点、かづの商工会

 【第二部】15時~16時30分
  ・講演会「中小企業を元気にするために」
    講師:地域力創造アドバイザー
        高野 誠鮮 氏

4 申込・お問合せ 
  ・鹿角地域振興局 地域企画課あて
   TEL 0186-22-0457
   FAX 0186-23-5574

 【申込締切:平成28年7月25日(月)】


by sankeibu | 2016-06-30 13:17 | 観光・イベント
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します

 秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」では、世界・全国レベルで評価される優れた製品や技術を生み出す企業の紹介・展示をしています。

 今回は、その中の企業の一部を紹介します。
(なお、写真等で紹介している製品の中には「ものづくり展示ホール」に展示していない製品もありますので、ご注意ください。)


<北秋田エリア>
 秋田ウッド株式会社

 同社は使用済みの木材とプラスチックを原料とした再生複合材「AO-MWood」の製造販売を行なっています。

 原料の木材は地元の製材・木製品工場から、プラスチックは医療機器や食品容器の製造工場から発生する廃棄物を使用しており、廃棄物ゼロの資源循環型社会を目指した製品開発や製造プロセスの構築に取り組んでいます。

県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します_a0133583_11383273.jpg
 

「AO-MWood」は木材とプラスチック両方の特徴を持つハイブリッドな素材で、従来の合成木材より強度があり、腐敗・退色が少ないので野外の使用に最適です。また、使用後の製品は原料として繰り返し使用できます。

県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します_a0133583_11385019.png
    
 市民や行政と連携した取組として、大館市内の学校や福祉施設と共にペットボトルキャップのリサイクル事業を行っています。

 学校で回収されたキャップは福祉施設で洗浄・選別された後、「AO-MWood」の原料となりプランターやベンチ、デッキ等に生まれ変わります。学校にはキャップの回収量に応じてプランター等を贈呈しています。

 地元の小中学生や福祉施設に安全な作業の機会を提供しながら、地域の環境意識向上に向けたチャレンジを続けています。
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します_a0133583_11390348.jpg


by sankeibu | 2016-06-30 13:14
平成28年4月分 県内経済動向調査結果
産業政策課で毎月実施している、県内経済動向調査結果

平成28年4月分についてはこちらからご覧ください。
平成28年4月分 県内経済動向調査結果_a0133583_11290237.jpg
by sankeibu | 2016-06-30 13:13 | 経済動向調査
7月の観光・イベント情報
*第27回子吉川いかだ下り大会 、第21回子吉川フェア (由利本荘市)
イベント期間:2016年07月02日

*秋田県立近代美術館 ホキ美術展~これが写実だ!驚きと感動の絵画~(横手市)
イベント期間:2016年07月02日

*キャンドルナイトイベント (秋田市)
イベント期間:2016年07月09日

*北秋田市米代川花火大会(北秋田市)
イベント期間:2016年07月10日

*第2回にかほ海の幸まつり(にかほ市)
イベント期間:2016年07月23日

*第32回日本海洋上花火大会(由利本荘市)
イベント期間:2016年07月23日

*港まつり 能代の花火 (能代市)
イベント期間:2016年07月23日

*第27回日本海に響け! 太鼓の祭典(にかほ市)
イベント期間:2016年07月30日

*サンドクラフト2016 in みたね(三種町)
イベント期間:2016年07月30日 ~ 2016年07月31日

*第66回本荘川まつり花火大会(由利本荘市)
イベント期間:2016年07月30日

by sankeibu | 2016-06-30 13:13 | 観光・イベント