秋田県産業労働部だより
sankeibu.exblog.jp

『秋田県産業労働部だより』をお届けします。あきたの産業や経済に関する最新の話題をご案内します。
検索
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
リンク
記事ランキング
ブログジャンル
水澤 聡 産業労働部長よりご挨拶

a0133583_17273095.jpg
 産業労働部長に就任した水澤です。約1年ぶりの産業労働部ですが、よろしくお願いします。

 4月1日現在の秋田県の人口が100万人を割り込みました。この1年間で、自然減が約9,800人、社会減が約4,200人、全体で約14,000人減少しています。想定されていたこととは言え、残念な状況です。

 県では一昨年、人口減少対策として「あきた未来総合戦略」を策定し、現在、「産業振興による仕事づくり」や「少子化対策」、「移住・定住対策」などに全力で取り組んでいるところです。

 特に、若者の県内定着を促進すべく、魅力的な就業の場を創出するため、航空機や自動車、新エネルギー、医療福祉、情報関連など、成長分野での事業展開を積極的に支援してきました。こうした分野では雇用者数が増加するなど一定の成果が現れてきており、引き続き力を入れて進めてまいります。

 日本全体が人口減少局面に入ったことにより、人材の獲得競争という新たな課題も出てきました。本県の社会減を減らすためには、高卒者の県内就職を増やし、県外も含めた大学等卒業者の県内就職を増やすことが必要ですが、そのためには、若い世代に魅力のある職場を提供し、首都圏をはじめ他県との人材獲得競争に勝たなければなりません。

 賃金や就業環境の改善など雇用の質を高めるための方策について、今後、経済界など関係の皆様と意見交換しながら検討を進めていきたいと考えています。

 成長産業の育成や中小企業の支援など県内産業の振興に全力で取り組んでまいりますので、皆様には引き続き、ご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-27 17:30 | 幹部ご挨拶
「デザイン活用」の効果、出ています!

 経営活動の様々な段階で課題を解決し、価値を生み、価値を伝え、ビジネスを成功に導く手段、それが「デザイン」です。

 (公財)あきた企業活性化センターの「あきた産業デザイン支援センター」では、デザインの専門相談窓口として、商品や販促物などのデザインに関する無料相談から、適切なデザイナーとのマッチング等を通し、【高付加価値化商品の開発】や【商品を魅力的に伝達する技術】としての「デザイン」の活用と普及に取り組んでいます。

a0133583_15135530.png
 具体的な例としては、菓子製造企業「旭南高砂堂」の観光客向け商品のパッケージデザインリニューアルのご相談では、デザイナーとともに、デザインコンセプトから、量目やサイズなどの商品内容、販売後の販促ツールや店舗内のディスプレイデザインまでトータルで見直しました。
 この結果、この商品は以前のパッケージより2.5~3倍に売上が上がりました。
a0133583_14422722.jpg

 また、創業以来初めての自社オリジナル商品の開発にチャレンジした「株式会社ホワイトシード」の洗車用純水器のご相談では、販売ターゲットと商品化後の経営ビジョンを明確化し、想定ユーザーの使い勝手、生産性、安全性を考慮しながら最小コストで実現化する構成及び形状を模索。製造にあたっては、県内金属加工工場とのコミュニケーションを支援しました。
 4台の試作を経て商品化に至り、発売開始1年で100台の販売を達成しました。

a0133583_14331120.jpg
↑ 試作1号機の構成検討

a0133583_14331398.jpg

↑ 試作4号機(商品化)


 このように、デザインを上手に活用していくと、デザインは経費でなく【資産】となっていくことを実感していただくため、今年度はさらに、以下2つの新規事業を実施予定です。


(1)「産業デザイン出張相談会(ミニセミナー同時開催)」

商品開発、PR、ロゴマークなど、企業活動に関わるデザインについて解説した1時間程度のミニセミナー付きの相談会です。
5/19の横手市を皮切りに、北秋田市、秋田市の3地区を毎週金曜日に回ります。
詳細とお申込みについては、下記リンク先のチラシをご覧ください。
 http://idsc-akita.sakura.ne.jp/pdf/soudankai.pdf


(2)「デザイン活用集中支援事業」


①セミナー、②オーディション、③具体化支援の3つのステップで、「売れる自社商品」の商品化と販売を目指す実践的なプログラムです。

①セミナー【商品企画アカデミー】
(平成29年10月~11月、秋田市開催、全5回を予定)
生活者視点の商品企画の実績豊富な流通大手「フェリシモ」の開発者を講師に迎え、商品開発のプロセスを学ぶ全5回のセミナーと個別相談を実施します。

②オーディション【スター商品誕生オーディション】
(平成30年3月、仙台市で開催)
セミナーで練り上げた商品企画を、フェリシモをはじめ、JR東日本、JA全農、仙台三越、良品計画など、販路となる有名企業へプレゼンし、採用、販売へと向かう「オーディション」に出場します。

③具体化支援
オーディションに出場する商品企画の具体的な商品仕様の検討、最適なPR方法の選択など「形にする」から「伝える」までの具体化を、産業デザイン支援センターが伴走支援します。


開催日程や募集については、センターのウェブサイト、メルマガ、チラシ等で8月以降に公表します。
10事業者程度限定を予定していますので、ご興味のある方は、センターまでお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
 公益財団法人あきた企業活性化センター 
 知財・デザイン支援課
 TEL 018-860-5614/FAX 018-863-2390
 MAIL info@idsc-akita.net
 ウェブサイト http://idsc-akita.net/


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:48 | 産業・経済
がんばる中小企業応援事業の募集について

 県では、中小企業振興条例の理念を踏まえ、「がんばる中小企業応援事業」を実施しております。
 この事業は自ら挑戦と改革を続け、競争力の強化を図る中小企業を「がんばる中小企業」として採択し、その積極的な取組をハード・ソフトの両面から支援するものです。
 次のとおり、平成29年度の第1回目の募集を行っておりますので、お知らせします。


1 申請期間(第1回募集)
  平成29年4月10日(月)~平成29年5月19日(金)まで
   ※最終日の提出は17:00期限厳守です。(各申請窓口に必着)

2 提出書類・申請窓口
 
 【製造業】
  ・がんばる中小企業認定申請書(ダウンロードは こちら
  ・直近3期分の財務諸表、定款、登記事項証明書、会社案内
  ・経費の積算根拠となる参考見積書 等

  《申請・問い合わせ窓口》
   地域産業振興課 地域産業活性化班
   TEL 018-860-2231 


 【非製造業】
  ・応募書、計画書、誓約書、支援機関確認書(ダウンロードは こちら
  ・直近3期分の財務諸表、定款、登記事項証明書、会社案内
  ・経費の積算根拠となる参考見積書 等

  《申請・問い合わせ窓口》
   商業貿易課 商業・創業支援班
   TEL 018-860-2244


※事業の概要、実施要領、各種様式等については
 美の国あきたネットを参照ください。
 ・ 製造業
 ・ 非製造業
 


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:46 | 産業・経済
企業競争力改善支援事業の募集について

 本事業は、県内中小企業者等の生産性の向上、作業安全性の確保、または品質の不具合防止等を図るため、外部アドバイザーによる助言・指導に基づき、生産工程のムダを排除する取組(改善活動)を支援することにより、企業競争力を強化し、県内中小企業者等の持続的発展と雇用安定を図ることを目的としています。

次のとおり、平成29年度の募集を行っておりますので、お知らせします。


【募集期間】

 平成29年4月17日(月)~平成29年6月16日(金)


【事業実施期間】

 交付決定通知のあった日から12ヶ月以内


【補助金の額】

 •補助率1/2以内、各事業合計で限度額100万円(千円未満切り捨て)
 •原則として下限20万円


※申請手続きの流れ、様式等のダウンロードは こちら を参照ください。

【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 地域産業振興課 企業支援班
 TEL:018-860-2225 FAX:018-860-2590
 E-mail:induprom@pref.akita.lg.jp



[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:45 | 産業・経済
「秋田絶品マーケティング塾」の受講者募集について

 県内の食品製造事業者もしくはこれから食品製造事業に参入予定の県内の事業者を対象として、人材育成講座「秋田絶品マーケティング塾」を開催します。
 食に関するマーケティングに精通した経験豊かな講師陣から、基礎的なマーケティングを踏まえた商品づくり、さらには販売手法から継続取引までを、講義や演習、現場視察などを交えて学ぶ、実践的で分かりやすい内容で、今年度で5回目を迎えます。
 塾終了後も講師陣によるフォローが行われており、過去の修了者同士の事業連携も多数生まれています。
 意欲溢れる事業者の方々の参加をお待ちしています。

【全日程】
 ・第1回 平成29年6月14日(水)(1日)
      会場:秋田県庁第二庁舎4階 高機能会議室

 ・第2回 平成29年8月30日(水)(1日)
      会場:秋田県庁第二庁舎4階 高機能会議室

 ・第3回 平成29年9月27日(水)~29日(金)(3日間)
      会場:東京都内(調整中)

 ・第4回 平成29年10月18日(水)~19日(木)(2日間)
      会場:秋田市内(調整中)

【対象者(● は必須)】
 ●県内の食品製造事業者もしくはこれから食品製造事業に参入予定の
  県内の事業者(各事業者1名)
 ●全日程を受講できる方

 ○実際の商品(食品)づくり及び販売に主体的・積極的に関わる方
 ○地域において商品(食品)づくり及び販売のプロジェクトに主体的・
  積極的に関わる方
 ○この塾で得た知識やネットワークを自社及び地域の食品産業の振興に
  生かしていただける方

【定 員】
 20名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

【受講料】
 無料(交通費・宿泊費・食事代等は受講者各自でご負担いただきます。)

【申込締切】
 平成29年5月26日(金)


※申込方法等、詳細は こちら を参照ください。

【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 地域産業振興課 食品工業班
 TEL:018-860-2224
 FAX:018-860-3878
 E-mail:induprom@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:44 | 産業・経済
「平成29年度版 創業・中小企業のための補助金・融資等の手引き」について

【ダウンロード】
「平成29年度版創業・中小企業のための補助金・融資等の手引き」


 ※募集時期が異なる場合もありますので、
  詳しくは各ページお問い合わせ先までご連絡ください。

  長辺とじで両面印刷すると冊子になります。


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:44 | 産業・経済
「秋田県の貿易(平成28年統計速報版)」について

「秋田県の貿易(平成28年統計速報版)」を掲示いたします。

 こちら からダウンロードできます(PDFファイル)


【速報版の内容】
 1.秋田県輸出入額
 2.秋田県輸出入額の推移
 3.秋田港外国貿易コンテナ取扱実績(実入り)
 4.秋田港外国貿易コンテナ取扱実績(実入り)の推移


 輸出入額は函館税関秋田船川税関支署発表資料に、コンテナ取扱実績は秋田県港湾空港課集計資料によります。
 輸出入額・コンテナ取扱実績ともに速報値のため、今後変更されることがありますので御留意ください。

【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 商業貿易課
 TEL:018-860-2218 FAX:018-860-3887
 E-mail:com-tra@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:43 | 産業・経済
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します

 秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」では、世界・全国レベルで評価される優れた製品や技術を生み出す企業の紹介・展示をしています。

 今回は、その中の企業の一部を紹介します。(なお、写真等で紹介している製品の中には、「ものづくり展示ホール」に展示していない製品もありますので、ご注意ください。)

<平鹿エリア>
株式会社アキタ・アダマンド

 同社は、時計用宝石の加工技術で培った超精密加工技術で光通信分野をはじめ、半導体製造産業、映像産業、医療機器等幅広い分野のキーパーツを製造しています。

 特に光ファイバー同士を接続する光通信部品「フェルール」は光通信の重要部品であり、当社の光通信部品の基本製品です。

a0133583_14082057.jpg
 フェルールが組み込まれた「コネクタ」により、光ファイバーを繋ぎます。最高品質の「ジルコニアフェルール」を使用し、高い精度で安定した接続を実現しています。
a0133583_14082366.jpg
 半導体製造分野では、ICチップを基板と接続する装置に使用される工具「キャピラリー」において、ルビーを加工する超精密加工技術を活かし、世界で唯一「単結晶ルビーキャピラリー」を製造しています。
a0133583_14082743.jpg
 医療機器分野では、人造ルビーを刃とする眼科用ルビーメスを手がけており、従来のメスに比べ大幅な切れ味の良さと、手術後の治癒経過の早さが注目されています。
a0133583_14083069.jpg
 同社の製品は部品ということもあり、人の目につかないところで活躍しています。広がる光通信網、精密機器の心臓部である半導体、医療など、製品を送り出す先は、人と社会にとって大変重要な分野です。そのような分野を担い貢献できる製品の開発・製造に取り組んでいます。

 以上で紹介した企業の情報は秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」で展示しています。是非一度足を運んでみでください。

 なお、「ものづくり展示ホール」で展示している企業・製品は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。

【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 産業政策課
 TEL:018-860-2214 FAX:018-860-3887
 E-mail:sansei@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:42
平成29年2月分 県内経済動向調査結果
産業政策課で毎月実施している、県内経済動向調査結果

平成29年2月分については、こちら からご覧ください。

a0133583_13572631.jpg
【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 産業政策課
 TEL:018-860-2214 FAX:018-860-3887
 E-mail:sansei@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:41 | 経済動向調査
5月の観光・イベント情報

下記のイベントを含む県内の観光イベント情報と内容の詳細は
秋田県観光総合ガイド「あきたファン・ドッと・こむ」をご覧ください。


*由利本荘春の花巡り2017 本荘つつじまつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年04月28日 ~ 2017年05月14日

*由利本荘春の花巡り2017黄桜まつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年04月29日 ~ 2017年05月21日

*ハーブワールドAKITA GWフェア(由利本荘市)
イベント期間:2017年04月29日 ~ 2017年05月07日

*秋田ふるさと村
 ~みて・さわって・遊べる~ふれあい動物園(横手市)
イベント期間:2017年04月29日 ~ 2017年05月07日

*あきた芸術村 手創る市(仙北市)
イベント期間:2017年05月04日 ~ 2017年05月05日

*かづの子供フェア(鹿角市)
イベント期間:2017年05月05日

*能代公園つつじまつり(能代市)
イベント期間:2017年05月06日 ~ 2017年05月28日

*きみまち阪つつじまつり(能代市)
イベント期間:2017年05月08日 ~ 2017年05月31日

*第13回子吉川ガニまつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年05月14日

*男鹿の鯛まつり(男鹿市)
イベント期間:2017年05月15日 ~ 2017年06月30日

*第8回鳥海高原菜の花まつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年05月16日 ~ 2017年05月23日

*黄桜の里 軽トラ市(由利本荘市)
イベント期間:2017年05月21日

*これが秋田だ!2017 食と芸能大祭典(秋田市)
イベント期間:2017年05月26日 ~ 2017年05月28日

*道の駅の日(由利本荘市)
イベント期間:2017年05月28日


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-26 16:41 | 観光・イベント