秋田県産業労働部だより
sankeibu.exblog.jp

『秋田県産業労働部だより』をお届けします。あきたの産業や経済に関する最新の話題をご案内します。
検索
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
リンク
記事ランキング
ブログジャンル
【副知事室からこんにちは】中島副知事から

a0133583_19401919.jpg
 皆さんは人口減少が進む秋田県で有効な人口減少対策についてどうお考えでしょうか?いろいろなご意見があると思いますが、私自身が勤務していた九州での実例をもとに少しお話しさせていただきたいと思います。

 NHKの大河ドラマ「黒田官兵衛」で舞台となった大分県中津市を皆さんはご存じでしょうか。ここには自動車会社であるダイハツ工業株式会社の最新鋭の工場が平成16年11月から操業を開始しています。私が九州に勤務していたのは平成21年から2年間だったのですが、その頃に噂で中津市は自動車の工場ができたおかげで若い人が増えて結婚や出産が増えていると聞いていました。

 今回ネット上で調べてみると、中津市の合計特殊出生率は平成19年から右肩上がりで増加しており、平成27年で1.94になっています。全国平均が1.45、大分県平均が1.59であり、それらと比較しても非常に高い数字であることが分かります。一番低い年の数字が調べられなかったのですが、平成15年の合計特殊出生率は1.55ですので、平成16年から工場が操業を開始したことから考えても、噂どおり、自動車工場の立地により安定した若者の雇用が増え、その結果結婚や出産が増えたことが推定されます。

 この工場の立地に当たっては我が県と同様、県の財政が決して豊かとは言えない大分県が自動車会社から求められた中津港の整備を行ったことが大きな決定要因になったと聞いています。

 この実例でも分かるとおり人口減少対策には安定した質の高い雇用の確保が有効な手段だと思われます。

 県では様々な人口減少対策を行っていますが、引き続き安定した雇用の確保、そして給与水準の向上や福利厚生の充実といった雇用の質の向上に向けて、企業立地、地元企業の生産性の向上や新規創業の促進に向けて努力していきたいと思います。


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 19:42 | 幹部ご挨拶
地域の話題をご紹介します 【仙北地域振興局より】

(1)IMI大仙工場が竣工 ~ポーランド製法でつくる秋田産ソーセージ~


 「ポルミート」のブランド名で秋田県産豚肉を使ったソーセージを製造販売している(株)IMIの大仙工場が5月に竣工しました。

  IMIの代表取締役でポーランド出身のタベルスキ・マイケル氏は大仙市出身の奥様との結婚を機に来日、当初はソフトサラミ等の輸入販売を行っていましたが、「秋田の食材と食肉加工の本場ポーランドの技術でソーセージを作りたい」とソーセージの自社製造に乗り出しました。

 新工場は国内水準を上回る空調設備とドイツ等から輸入した大型機械が並び、ソーセージ等を最大で1日5トン製造することが可能になり、同社は新たな販路開拓にも努めています。

a0133583_19271165.jpg


(2)いよいよ発表 ~今年の「美郷雪華コレクション」~


 美郷町ラベンダー園では、毎年6月~7月にかけて、約2haの畑に2万株のラベンダーが咲き誇ります。中でも、美郷町オリジナル品種のホワイトラベンダー「美郷雪華(みさとせっか)」は必見です。

 さらに、美郷町では、この美郷雪華を新たな特産品開発に活用しています。これまで、ルームフレグランス、「美郷雪華酵母」で仕込んだ純米酒、和洋菓子等が「美郷雪華コレクション」として発売されました。

 今年も、新商品として、日本酒1品、和洋菓子ほか7品の計8品が「美郷雪華コレクション 2017 Summer」として発表されました。
(参考URL http://www.town.misato.akita.jp/kokuchi/index.html

a0133583_19290769.jpg
a0133583_19291050.jpg


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 19:33 | 各振興局からの情報
あきた知財塾キックオフセミナーの開催について

 皆さんは「知的財産」に、どのようなイメージをお持ちですか?中小企業には縁遠い難しいもの、オンリーワン製品で世界を目指す会社にしか関係ないもの、事業を独占して儲けるためのもの、他社の権利侵害に注意を要する面倒なもの・・・

 もしそうしたイメージをお持ちなら、ぜひこのセミナーにご参加ください。「知的財産」のイメージが変わります。知的財産は多くの中小企業に関わりのある、会社の底力を引き出す栄養剤のようなものです。そのことを、様々な事例を紹介しながら解説していきます。

 なお、本セミナーでは、7月より開催の「あきた知財塾」についてもご案内しますので、興味をお持ちの中小企業の方は、ぜひ、ご参加ください。参加費は無料です。また、本セミナーのみの参加も可能です。


1.日 時  平成29年6月23日(金)
       14:00~16:00(13:30~受付開始)

2.場 所  県産業技術センター 

       高度技術研究館3階 視聴覚研修室

      (秋田市新屋町字砂奴寄4-11)

3.内 容 『知的財産の力を経営に活かそう!
       ~強みを活かして会社をステップアップ~ 』

      ・「知的財産って何?」-貴社の何が「知的財産」なのか-
      ・「知的財産」をどのように活かせばよいのか?
      ・中小企業の先進事例に見る知的財産のはたらきの多様性
      ・元気な中小企業はここが違う!知的財産の本当の役割

4.講 師  土生特許事務所 土 生 哲 也 弁理士

5.定 員  40人(事前に申込みが必要です。定員に達し次第締め切ります。)

6.参加費  無料

7.申込方法 開催案内チラシや申込用紙は こちら からダウンロードできます。


【問合せ先】
 秋田県 産業労働部 地域産業振興課 技術振興班
 TEL:018-860-2246
 FAX:018-860-3887


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 19:13 | 産業・経済
「第2回秋田ものづくりオープンカレッジ」出展募集について
 昨年度の秋田大学での開催に続いて、学生・教職員向けの展示会を秋田大学ならびに秋田県立大学で開催します。

 より多くの学生が卒業後、県内企業への就職を選択されるよう、今回は、航空機・自動車・医療機器等に関連する企業のPRの場を作ります。

<イベント概要>

・第一部「秋田ものづくりオープンカレッジ」学生教職員向けの企業展示会
・第二部 講演会(予定)

1 会場・日時
  ①秋田県立大学  平成29年10月24日(火)
  ②秋田大学   平成29年10月26日(木) 
   ※①と②いずれもご出展いただくことを基本とします。

2 出 展 料  無料

3 出展企業 「県内就職者向け奨学金返還制度」認定企業を中心とします。

4 応募締切  平成29年6月28日(水)

※開催内容の詳細、開催案内や出展申込書のダウンロードは
 こちら をご覧ください。


【問合せ先】
 秋田県産業労働部 地域産業振興課
 輸送機産業振興室 TEL:018-860-2242 FAX:018-860-3887 
 技術振興班    TEL:018-860-2246 FAX:018-860-3887


【出展のご相談】
 (公財)あきた企業活性化センター 
    取引振興課 TEL:018-860-5623 FAX:018-860-5612


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 19:03 | 産業・経済
平成29年度秋田県優良技能者表彰の候補者を募集しています

 秋田県では、技能者の社会的地位と技能水準の向上を図ることを目的として、県内の優良技能者を「秋田県優良技能者」として表彰します。
 次により、「秋田県優良技能者」としてふさわしい方の推薦をお願いします。

1 表彰の対象者となる要件

次の(1)~(5)のすべてを充たす方が対象となります。
(1)技能の程度が優れており、秋田県内を通じて、当該技能において第一人者と目されていること。
(2)優れた技能を要する職業に関して、推薦日現在、秋田県内において、技能者として従事している者であること。
(3)就業を通じて、後進技能者の技能の指導を行い、あるいは技能者の教育、訓練に携わり、技能者の育成に寄与したこと、
 又は、技能に関する工夫、改善によって生産性の向上に役立ったこと等により労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者であること。
(4)勤務実績、日常行為等において、他の技能者の模範と認められる者であること。また、過去において禁固以上の刑に処されたことのないこと。


2 候補者の推薦を行うことができる者

  県内の市町村長 及び 関係団体の長

3 被表彰者の決定・表彰

  知事が被表彰者を決定し、秋田県職業能力開発促進大会(平成29年11月上旬)において表彰を行います。

4 推薦方法・提出時期等

(1)推薦方法

 「秋田県優良技能者表彰実施要領」に規定されている「提出書類」を作成の上、被表彰者の住所地の市町村長を経由して提出してください。

(2)「秋田県優良技能者表彰実施要領」及び提出書類の様式の入手方法

 こちらからダウンロードしていただくか、5の問合せ先まで電話で御請求ください。

(3)提出期限
   関係団体 → 市町村:平成29年7月7日(金)
   市 町 村 →  県 :平成29年7月28日(金)

5 問合せ先
  秋田県 産業労働部 雇用労働政策課 産業人材班
  TEL:018-860-2361
  FAX:018-860-3833




[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 18:38 | 産業・経済
伝えます!秋田の魅力 秋田ふるさと検定受験者募集

 秋田県商工会議所連合会では、ご当地検定「秋田ふるさと検定」を県内6会場(秋田・大館・能代・大曲・横手・湯沢)で実施します。
 この機会に是非、歴史や文化を学びながら故郷秋田の素晴らしさをもう一度見つめ直してみませんか。
 
【試 験 日】 平成29年9月3日(日) ※申込受付は8月4日(金)まで


【試験時間】 第12回 3級 / 10:30~12:00 (90分)
       第11回 2級 / 13:30~15:10 (100分)
       第 9回 1級 / 13:30~15:10 (100分)


【試験会場】 秋田会場 / 秋田県社会福祉会館 (秋田市旭北栄町1-5)
       大館会場 / 大館市立中央公民館 (大館市字桜町南45-1)
       能代会場 / 能代商工会館    (能代市元町11-7)
       大曲会場 / 大曲商工会議所会館 (大仙市大曲通町1-13)
       横手会場 / 横手商工会議所会館 (横手市大町7-18)
       湯沢会場 / 湯沢商工会議所会館 (湯沢市柳町1-1-13)


【受 験 料】 3級/2,200円  2級/3,500円  1級/3,800円

       ※高校生以下は各級とも一律1,000円


【受験資格】 2・3級/学歴、年齢、性別、国籍等の制限はありません
           ※2級からの受験や3・2級の併願受験も可能です

        1級/秋田ふるさと検定2級試験に合格していること


試験の内容詳細、申込みは こちら から


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 17:49 | 産業・経済
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します

 秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」では、世界・全国レベルで評価される優れた製品や技術を生み出す企業の紹介・展示をしています。


 今回は、その中の企業の一部を紹介します。(なお、写真等で紹介している製品の中には「ものづくり展示ホール」に展示していない製品もありますので、ご注意ください。)


<秋田エリア>
生駒漆芸工房
 
 秋田市に同工房が設立されたのは1950年で、「生駒塗」は戦後に確立された新しい漆工芸です。


 その特徴は、「生駒の赤」とも讃えられる、琉球漆器の流れをくんだ明るく鮮やかな朱塗り、螺鈿(らでん)や「研ぎ出し技法」(※)による洗練されたデザインにあります。

a0133583_16422377.jpg

 ※「研ぎ出し技法」・・・重ね塗りした色漆を研ぎ出して幾何学的な紋様を表現する技法

 また、伝統的な確かな塗りの技術を用いながら、暮らしになじむスタイルを追求しています。
 大量生産される安価な漆器、高級美術工芸品として扱われる漆器、そのどちらでもない、高いデザイン性や使う人に配慮した形や重み、質感など、機能美を極めた「製品」としての魅力を持っています。


a0133583_17062136.jpg


 生駒塗を語る上で、創業者である生駒弘(故人・にかほ市出身)と、その子・生駒親雄(故人)の存在は欠かせません。弘氏は、昭和2年に沖縄県工芸指導所に技師として招かれて技術を指導し、琉球漆器の発展に多大なる功績を残しました。


 親雄氏は戦後、沖縄から秋田市に転住し、工房を設立。「生駒塗」の名称は「名字を活かしたほうがいい」とする当時の県知事・小畑勇二郎氏の発案によるものです。生駒親子は漆器づくりの傍ら、全国から弟子を取って技術を指導し、職人の意識改革と地位向上に力を注ぎました。

 生駒塗は、鑑賞用、美術品ではなく、暮らしの中で使っていただくための漆器です。そのためには、強く、上部で、使い勝手が良く、美しいものでなければいけません。細部まで丁寧な仕事を施し、心を込めて丁寧に仕上げています。

a0133583_17061821.jpg

 以上で紹介した企業の情報は秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」で展示しています。是非一度足を運んでみでください。

 なお、「ものづくり展示ホール」で展示している企業・製品は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。



[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 17:07 | 産業・経済
平成29年3月分 県内経済動向調査結果
産業政策課で毎月実施している、県内経済動向調査結果
平成29年3月分については、こちらからご覧ください。

a0133583_16243366.jpg



[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 16:26 | 経済動向調査
6月の観光・イベント情報

下記のイベントを含む県内の観光イベント情報と内容の詳細は
秋田県観光総合ガイド「あきたファン・ドッと・こむ」をご覧ください。


*まるっと鳥海わくわくキャンペーン2017(由利本荘市・にかほ市)
イベント期間:2017年06月01日 ~ 2017年09月30日


*ラベンダーフェア(由利本荘市)
イベント期間:2017年06月03日 ~ 2017年07月02日


*楢岡さなぶり酒花火(大仙市)
イベント期間:2017年06月03日


*第33回 ふるさと踊りと餅っこまつり(北秋田市)
イベント期間:2017年06月04日


*岩城・湯沢 海と山の旨いもの自慢2017(由利本荘市)
イベント期間:2017年06月04日 ~ 2017年06月05日


*菜らんどまつり・ももやまつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年06月04日


*第15回土崎みなと ふくまつり(秋田市)
イベント期間:2017年06月05日 ~ 2017年06月10日


*第10回東北チェンソーアート競技大会(北秋田市)
イベント期間:2017年06月10日 ~ 2017年06月11日


*十和田湖ミュージックフェスティバル(小坂町)
イベント期間:2017年06月10日 ~ 2017年06月11日


*第34回アカシアまつり(小坂町)
イベント期間:2017年06月10日 ~ 2017年06月11日


*小町まつり(湯沢市)
イベント期間:2017年06月10日 ~ 2017年06月11日


*あきた白神まつり(八峰町)
イベント期間:2017年06月11日


*第12回西目漁港まつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年06月17日

*秋田内陸線ウォーク2017(北秋田市)
イベント期間:2017年06月18日


*瓦焼き「海鮮のフェア」(由利本荘市)
イベント期間:2017年06月25日


[PR]
# by sankeibu | 2017-05-30 15:36 | 観光・イベント
水澤 聡 産業労働部長よりご挨拶

a0133583_17273095.jpg
 産業労働部長に就任した水澤です。約1年ぶりの産業労働部ですが、よろしくお願いします。

 4月1日現在の秋田県の人口が100万人を割り込みました。この1年間で、自然減が約9,800人、社会減が約4,200人、全体で約14,000人減少しています。想定されていたこととは言え、残念な状況です。

 県では一昨年、人口減少対策として「あきた未来総合戦略」を策定し、現在、「産業振興による仕事づくり」や「少子化対策」、「移住・定住対策」などに全力で取り組んでいるところです。

 特に、若者の県内定着を促進すべく、魅力的な就業の場を創出するため、航空機や自動車、新エネルギー、医療福祉、情報関連など、成長分野での事業展開を積極的に支援してきました。こうした分野では雇用者数が増加するなど一定の成果が現れてきており、引き続き力を入れて進めてまいります。

 日本全体が人口減少局面に入ったことにより、人材の獲得競争という新たな課題も出てきました。本県の社会減を減らすためには、高卒者の県内就職を増やし、県外も含めた大学等卒業者の県内就職を増やすことが必要ですが、そのためには、若い世代に魅力のある職場を提供し、首都圏をはじめ他県との人材獲得競争に勝たなければなりません。

 賃金や就業環境の改善など雇用の質を高めるための方策について、今後、経済界など関係の皆様と意見交換しながら検討を進めていきたいと考えています。

 成長産業の育成や中小企業の支援など県内産業の振興に全力で取り組んでまいりますので、皆様には引き続き、ご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。


[PR]
# by sankeibu | 2017-04-27 17:30 | 幹部ご挨拶