秋田県産業労働部だより
sankeibu.exblog.jp

『秋田県産業労働部だより』をお届けします。あきたの産業や経済に関する最新の話題をご案内します。
検索
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
リンク
記事ランキング
ブログジャンル
高橋 靖弘 新エネルギー政策統括監からご挨拶

a0133583_19012581.jpg  この4月から新エネルギー政策統括監となりました高橋です。どうぞよろしくお願いいたします。

我が国の主要なエネルギー源である石油・天然ガス・石炭などの化石燃料に対し、風力や太陽光、水力、バイオマス、地熱などを再生可能エネルギーと呼ぶことは皆さんもご存じのことと思います。

 再生可能エネルギーは、自然界に常に存在し二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーですが、このうち、規模の大きな水力発電などを除いたものでコスト高などから普及があまり進んでいなかったエネルギーを特に「新エネルギー」と呼び、地球温暖化防止等の観点などから、国を挙げてその普及に取り組んでいるところです。

 また、本県は古くから石油や天然ガスなどの1次エネルギーの供給県であり、現在もその生産が続いておりますが、風力や地熱などの自然エネルギーにも恵まれており、どちらも発電設備量が全国で3番目となっております。
 

 このような状況を踏まえ、県では本県の有するポテンシャルを最大限に活かし、風力発電など新エネルギーの導入拡大を更に進め、県内における関連産業の振興と雇用創出につなげるため、第2期秋田県新エネルギー産業戦略を今年3月に策定したところです。

 この戦略では、今後10年間で新エネルギーなどによる発電量を現在の約2倍にする目標を掲げており、その間の経済波及効果を約3千億円(運転に伴う効果を含む)と見込んでおります。同時に、発電事業は運転開始後継続的なメンテナンスが必要なことから、この分野におけるメンテナンス関連産業の振興と人材育成に重点的に取り組むこととしております。

 また、風力発電については、これまでの陸上に加え洋上風力発電の導入を促進することとしており、現在、秋田港・能代港における洋上風力発電事業について、県が公募により選定した事業者を中心に事業化に向けた調査が進められております。
 
 さらに今年7月には、県内未利用木材等を燃料とする東北最大級の木質バイオマス発電事業が秋田市でスタートしたほか、湯沢市では国内で約20年ぶりとなる大規模地熱発電所の建設も順調に進んでおりますが、引き続き新エネルギー供給拠点の形成と関連産業の集積を目指し県として全力で取り組んでまいりますので、今後とも、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:46 | 幹部ご挨拶
【課長ペンリレー】雇用労働政策課長 石川 聡

a0133583_18551789.png 雇用労働政策課の石川と申します。

 高卒者や大卒者等のほかAターン希望者の県内就職促進及び学卒者、離転職者、在職者の職業能力開発の支援等を担当しております。

 リオ五輪で熱かった今年の夏も落ち着いてきましたが、日本勢のめざましい活躍は前回のロンドン五輪を上回る結果となり、4年後の東京五輪では一層の躍進が期待され、メダルの数もさらに増えるものと思われます。ぜひ生で観たいものです。

 一方、去る8月7日から8日にかけて、栃木県と沖縄県を会場に開催された「第11回若年者ものづくり競技大会」(主催:厚生労働省、中央職業能力開発協会)において、本県代表選手として参加した鹿内秀将さん(県立秋田技術専門校情報システム科2年)が、オフィスソフトウェア・ソリューション部門の金賞(厚生労働大臣賞)を獲得しました。

 この大会は、技術専門校や工業高校等で学ぶ若者が技能を競い合う全国大会であり、本県からは11名、全国から359名の選手が参加し、14職種の競技が行われ、各職種を通じて県勢としては初の金賞獲得という快挙を成し遂げました。本人のご努力はもちろんのこと、家族、同級生等関係者の方々のご支援・ご協力に深く敬意を表しますとともに、来年以降の大会においても後に続く若者が出てくるよう願っております。当課としても、引き続き技術専門校等における職業訓練の実施を通じて、ものづくりに挑戦する若者を支援してまいります。

 また、当課では、秋田労働局、ハローワーク、公益財団法人秋田県ふるさと定住機構等の関係機関と連携し、秋田で働くことを希望する高校生や大学生等のほかAターン希望者に対して、県内の企業情報・採用情報やマッチングの機会を提供し、県内就職を促進しております。

 今年度下半期も、9月5日には秋田市で、平成29年3月の大学等卒業予定者及び既卒者を対象とした「秋田県合同就職面接会」、10月から2月にかけて、県内8地域で平成29年3月の高校卒業予定者及び既卒3年以内を対象とした「高校生等就職面接会」、来年3月には、平成30年3月の大学等卒業予定者及び既卒者を対象とした「秋田県合同就職説明会」を開催いたします。さらに、平成26年9月に開設した、秋田県版就活サイト「こっちゃけ」において、県内の企業情報をはじめとした様々な情報の提供を行っております。

 県内の有効求人倍率は、1倍を超える状況が1年半以上継続しており人手不足感が強まりつつあります。求人倍率は、景気の動向を反映して変化するものではありますが、今後は少子高齢化による生産年齢人口(15歳~64歳)割合の低下が影響し、「売り手市場」が長く続いていくことも考えられます。

 こうした状況では首都圏等の企業との人材確保競争が激しくなることが予想されますので、今後は、秋田での就業支援のほか秋田で暮らすことの魅力を訴える情報を併せて提供していくとともに、若者、女性、高齢者等すべての方にとって働きやすく、魅力ある職場づくりを進めていく取組の支援も関係機関と連携して行ってまいりたいと考えております。


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:45 | 幹部ご挨拶
「中小企業応援フェスタ2016」を開催しました

 平成28年8月26日、27日の2日間、秋田県産業技術センター(秋田市)において、「中小企業応援フェスタ2016」を開催しました。

 1日目は(株)ラウンドテーブルの竹内健二氏を講師に招き、「秋田の中小企業だから出来る!人財育成と強いチームづくり」と題した企業経営者向けの講演会を開催し、企業や支援機関、行政関係者計81名が参加しました。竹内講師は、経営者と社員の距離が近い中小企業の利点を活かし、理念や目的の共有を図ること、社員の個性を企業の強みにつなげる事の大切さを強調されました。

a0133583_18184167.jpg

 2日目は(有)萩原製作所の協力のもと、体験コーナー「磨いてぴかぴか!木のアクセサリー作り」を午前・午後の2回開催し、親子連れなど和気藹々とした雰囲気でものづくりに挑戦しました。

a0133583_18170126.jpg

 また2日間通じてのイベント「秋田のがんばる企業展」では、企業や支援機関など35ブースによる製品や取り組みの展示を行い、実演による技術紹介や加工食品の試食など、来場者約250名に対し県内中小企業の持つ強みや魅力をPRしました。

a0133583_18165653.jpg
a0133583_09123360.jpg



[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:44 | 産業・経済
県北地域「中小企業支援フェア」を開催しました

 平成28年8月4日、鹿角パークホテル(鹿角市)において、企業や支援機関、行政関係者等100名が参加し「県北地域中小企業支援フェア」を開催しました。

 当フェアは平成26年に施行された「秋田県中小企業振興条例」普及啓発活動の一環として、地域における意欲的な取り組みのPRとともに、企業の成長発展や地域活性化へつなげる方策を探りました。

 第1部の支援事例紹介では、秋田県よろず支援拠点の取り組み状況と支援事例について、チーフコーディネーターの小室秀幸氏による紹介がありました。県内4企業の支援事例を交えて制度を説明し、拠点の利用を促しました。
 併せて、かづの商工会の経営指導員より「小規模事業者持続化補助金」と「ものづくり補助金」の活用事例についての紹介がありました。

a0133583_09182965.jpg
 第2部の「中小企業を元気にする講演会」では総務省地域力創造アドバイザーの高野誠鮮氏より石川県羽部昨市神子原でのまちおこし実践事例として、神子原地区で栽培された米をローマ法王に献上したブランド化の取り組みなどを紹介しました。

a0133583_09321607.jpg

[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:43 | 産業・経済
県南地域「秋田ものづくりフォーラム」を開催しました
 平成28年8月22日、横手セントラルホテル(横手市)において「秋田ものづくりフォーラム」を開催しました。

 フォーラムでは、東北大学大学院 工学研究科 教授 堀切川 一男 氏による「産学官連携によるものづくり成功の秘訣」と題した基調講演のほか、県南地域の4企業をパネリストに迎え、「我が社のチャレンジ」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

a0133583_17100489.jpg
 企業、支援機関、行政関係者67人が参加し、講演・パネルディスカッションを通じて、堀切川教授が挙げる多彩な製品開発、産学連携とその手法に係る具体的な説明に熱心に耳を傾けました。

a0133583_17100706.jpg
 会場では講演とパネルディスカッションに係る資料のほか、「つながれ、広がれ、企業のチカラ」と題した、県南の『がんばる企業』18社のプロフィール集が配布されました。

※プロフィール集のダウンロードはこちら


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:42 | 産業・経済
第11回若年者ものづくり競技大会において秋田県代表選手4名が入賞しました

 職業能力開発施設、工業高等学校等で技能を習得中の若年者が、ものづくり技能を競う「第11回若年者ものづくり競技大会」(主催:厚生労働省、中央職業能力開発協会)が、平成28年8月7日(日)と8月8日(月)の両日、栃木県・沖縄県を会場に開催されました(※一部の職種は8月5日(金)から先行開催)。

 全国から359名の選手が参加し、14職種の競技が行われました。秋田県からは11名の選手が参加し、次の方が入賞しました。

 ※秋田県選手の金賞(第一位)受賞は、今大会が初めてとなります

a0133583_15314924.jpg


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:41 | 雇用・労働対策
あきた女子活応援サポーター 委嘱状交付式を開催しました

 県では新規大学等卒業者の県内就職を促進するための施策に取りくんでおりますが、その一環として本県ゆかりの女子学生を対象に、秋田で活躍する女性の先輩達との交流を図ることなどにより、就職のための準備活動を応援し、秋田でのキャリアプランを意識してもらう「あきた女子活応援事業」を実施します。

 当事業の一環として、応援活動をしていただく先輩女性達をサポーターとして委嘱する委嘱状交付式を開催しました。


 1 日  時  平成28年8月5日(金)11:40~12:00
 
 2 場  所  秋田県議会棟 2階 特別会議室

 3 就 任 者  下記15名 (敬称略)

    ・米沢 由紀子(秋田県警察本部)
    ・篠木 里美 (損保ジャパン日本興亜キャリアビューロー株式会社)
    ・今野 絵美子(マックスバリュ東北株式会社)
    ・竹下 香織 (オルウィーヴ合同会社)
    ・近江谷 愛佳(第一生命保険株式会社)
    ・種澤 有紗 (北日本コンピューターサービス株式会社)
    ・石塚 陽子 (株式会社秋田魁新報社)
    ・椎川 まどか(株式会社NTT東日本-東北)
    ・藤井 佳子 (インターフェイス株式会社)
    ・松田 由美 (東北電力株式会社)
    ・髙橋 美季 (東日本旅客鉄道株式会社)
    ・高橋 しのぶ(株式会社ゆうちょ銀行)
    ・中萩 ことみ(株式会社北都銀行)
    ・高橋 里美 (株式会社ヤマダフーズ)
    ・渡邊 由梨子(株式会社秋田銀行)

            ※当日の出席者は14名

a0133583_15244505.jpg
a0133583_15314308.jpg
 4 活動内容

     (1)首都圏、県内における女子学生(1~3年生)との交流会参加
     (2)秋田で活躍する先輩女性へのインタビュー取材対応


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:41 | 雇用・労働対策
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します

 秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」では、世界・全国レベルで評価される優れた製品や技術を生み出す企業の紹介・展示をしています。

 今回は、その中の企業の一部を紹介します。(なお、写真等で紹介している製品の中には「ものづくり展示ホール」に展示していない製品もありますので、ご注意ください。)

<秋田エリア>
・エイデイケイ富士システム株式会社

 地球環境問題に積極的に取組む同社は、2010年12月にITを活用し環境への負荷低減を図るための活動を総称した「GreenIT宣言」を発表。翌年3月には環境省が定めた環境マネジメントシステム「エコアクション21」を認証取得しました。

a0133583_14220672.png

 これまで同社が培った情報通信技術を駆使して、事務所や 工場などの作業環境を、温度・湿度・照度・人感の4つのセンサーで計測、それらのデータを、省エネ視点で分析表示することができる「Office Eye(オフィス アイ)」を開発し、製造販売しています。


 「Office Eye」は直径10cmのコンパクトな計測用センサーとネットワーク使用により各部屋のデータを収集、クラウド上で表示します。温度異常等の際はブザーとメールで知らせる機能を持ち、設置工事の必要もなく簡単に導入できます。

a0133583_14221078.png


a0133583_14221312.png

 省エネ担当者は、複数の拠点やエリアの環境データを自席やモバイル端末で確認、指導することが出来ます。現在、この商品から派生した高齢者見守りセンサーも発売しており、ITによる様々な見える化に貢献しています。


 以上で紹介した企業の製品は秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」で展示しています。是非一度足を運んでみでください。
 なお、「ものづくり展示ホール」で展示している企業・製品は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:40 | 産業・経済
平成28年6月分 県内経済動向調査結果
産業政策課で毎月実施している、県内経済動向調査結果

平成28年6月分については、こちらからご覧ください。
a0133583_18494160.jpg

[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:39 | 経済動向調査
9月の観光・イベント情報

*第16回あきたエコ&リサイクルフェスティバル(秋田市)
 イベント期間:2016年09月03日 ~ 2016年09月04日


*第12回ポンポコ山音楽祭(八峰町)
 イベント期間:2016年09月03日


*第13回由利本荘ドリンクテーリング(由利本荘市)
 イベント期間:2016年09月03日


*第20回秋田馬子唄全国大会(由利本荘市)
 イベント期間:2016年09月10日


*鳥海山伝承芸能祭(にかほ市)
 イベント期間:2016年09月10日


*第29回おなごりフェスティバル in 能代2016(能代市)
 イベント期間:2016年09月10日


*大館能代空港スカイフェスタ(北秋田市)
 イベント期間:2016年09月11日


*たかのす太鼓まつり(北秋田市)
 イベント期間:2016年09月11日

*みんなで踊ろう!2016東北サンバカーニバルin川反(秋田市)
 イベント期間:2016年09月17日


*UGO JAZZ FESTIVAL 2016(羽後町)
 イベント期間:2016年09月24日 ~ 2016年09月25日


*北緯40゜秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン(北秋田市)
 イベント期間:2016年09月25日


[PR]
# by sankeibu | 2016-08-31 09:38 | 観光・イベント
【副知事室からこんにちは】中島副知事から
a0133583_16224510.jpg 皆さんは「ドチャベン」という言葉はご存じでしょうか?テレビや新聞に取り上げられることもありますので、ご存じの方もいらっしゃることと思います。

 ドチャベンは、土着ベンチャーの略で、地域に根ざしたローカルベンチャー創出による移住・定住を応援しようというプロジェクトで、平成27年度に五城目町と横手市においてスタートしました。平成28年度は鹿角市と湯沢市を舞台に、本県への移住を検討する方や本県に移住して間もない方を対象に、起業を契機とした移住・定住を一貫してサポートしています。

 さて、今、首都圏を中心に、地方を自らの「チャレンジの場」として捉える若者が増えています。そのことは、地域おこし協力隊制度により全国各地に若者が移住していることからも顕著です。そうした若者達に移住先として本県を選択してもらうには、移住希望者が求める「やりがい」や「自己実現」というニーズに的確に対応した施策が必要です。一方、本県には魅力ある地域資源や人口減少・少子高齢化等を背景とした課題があることから、これらのマッチングによる移住者の呼び込みと地域の活性化を図るため、県としても新たなチャレンジとしてこのプロジェクトに取り組んでいるところです。

 このプロジェクトでは五城目町にオフィスを置くハバタク(株)の丑田俊輔さんが中心となり、県外からの移住組が携わり、新しい流れになり始めています。「人が人を呼ぶ」という側面が有り、面白い人達をどんどん呼び込んでいく効果があると思います。

 こうした動きに早いうちから側面的な支援を続けてくれている組織があります。今年度で10年を迎えた秋田産業サポータークラブの方々です。企業の幹部、大学やマスコミなどにおいて東京などで活躍されている本県出身の方々やお仕事などでご縁のある方々が、何とか秋田県を盛り上げていこうという気持ちで、殆ど手弁当で様々な活動を進めていただいております。

 県としては、航空機産業の集積や企業誘致などを積極的に進めていきますが、こうした新しいビジネスの応援などを通じて移住・定住される方々が暮らしやすい環境づくりに市町村と一緒に取り組んでいきたいと思っています。

 是非皆様にも関心を持っていただき、様々な面でご支援いただければ幸いだと思っています。


[PR]
# by sankeibu | 2016-07-28 19:58 | 幹部ご挨拶
鎌田 悟 秋田県産業技術センター所長からのごあいさつ
コンポジットセンターについて

a0133583_16303032.jpg コンポジットとは、複数の性質の異なる素材を組み合わせて新しい特性を得ることで、複合材料などを意味します。

 秋田県産業技術センター(以下AITと略す)では、航空機等の一次構造材(主翼や胴体等の主要強度を受け持つ部材)として主流になりつつある炭素繊維複合プラスチック材料(CFRP)に関わる技術を開発し、県内企業に移転するため、「コンポジットセンター」を平成21年に開設しました。今回は、コンポジットセンターの取り組みについてご紹介いたします。

 CFRPは炭素繊維の束を接着剤となる樹脂で固めたもので、軽量、高強度、高剛性、高耐食性などの特徴を有し、航空機の機体や自動車部品などにおける金属材料の代替として利用が急速に拡大している材料です。ボーイング社やエアバス社の最新鋭旅客機B787、A350では総重量の50%(体積で実に90%)にCFRPなどの先進複合材料が用いられるなど、特に航空機分野での需要拡大が顕著です。

 しかし、このCFRPを実用として供するには、高価である、切削加工が容易でない、雷や電磁波シールドに難があるなどの課題が山積しています。コンポジットセンターは、当センターの技術を結集して上記課題に解決策を提案すべく開設したもので、AIT内の2室を充てて、CFRPの成形・加工・評価に関わる設備を設置し、研究開発、人材育成、設備利用などの機能を持っています。

 (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)からCFRPの評価を行っていた技術者を研究員として採用し、着々と実績を積み重ねています。

 これまでの成果ですが、
1) PDエアロスペース(名古屋市)の宇宙往還機の実証試験機にCFRP製キャノピーパネルを供試しました。

2) 秋田大学で実施しているハイブリッドロケットの筐体をCFRPで製作し、供試するとともに、県内企業へ製法を技術移転しました。

3) CFRPの製法講習
由利本荘市商工会主催の航空機産業参入のための人材育成事業(ものづくり人材育成)でCFRPの製法講習会を2年連続で実施しました。

4) CFRPの補修に関する講習会を実施
一昨年の9月にコンポジットセンターを会場に、CFRPの補修に関する講習会を日本で始めて開催したのを皮切りに、本年1月も曲面の補修に全国から受講者が集まりました。

5) CFRP加工用のダイヤモンドコーティング超硬素材のドリルを開発し、ドリルメーカーで従来の3倍長持ちをすると評価されました。

6) その他
県内外の企業と共同研究で様々なCFRP製品を試作しました。

など研究開発から人材育成、機材提供まで様々な分野に貢献をしてきました。さらに、今年度から秋田大学の技術シーズを活用して、従来の1/10の短時間で成形するプロジェクトにも参加を予定しています。

 これからは、県内企業が移転した技術で売れる製品作りに向かえるよう支援するとともに、航空機と並んで需要が期待される自動車向けのCFRPの開発など、今後とも県内産業振興に資する業務に励んで参ります。ゆくゆくは東日本を代表するCFRPの研究開発拠点に育て上げたいと考えています。


[PR]
# by sankeibu | 2016-07-28 19:58 | 幹部ご挨拶