秋田県産業労働部だより
sankeibu.exblog.jp

『秋田県産業労働部だより』をお届けします。あきたの産業や経済に関する最新の話題をご案内します。
検索
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
リンク
記事ランキング
ブログジャンル
【課室長ペンリレー】岡崎 佳治 商業貿易課長

a0133583_14261644.jpg

 一面の銀世界が秋田に到来しました。自然は一夜にして、景色を劇的に変えうるパワーを持っていますが、社会においても、ドラスティックな変化を引き起こすものに、技術や発明があります。

 19世紀、蒸気機関の発明に端を発する「機械化」の第1次産業革命。20世紀初頭、電気の発明による「大量生産」。さらに、20世紀後半におけるコンピュータの出現による「自動化」。そして現在、第4次産業革命として、IoTやAIにより、機械が自ら考えて動くような、いわゆる「自律化」であります。

 そんなAIが、人間の能力を超える“シンギュラリティー”は、近い将来確実に訪れると言われています。“もの”や“こと”、さらには人の働き方や生活、価値観、経済構造なども大きく変わっていくことでしょう。“AIが人間の仕事を奪う”とも囁かれていますが、今の仕事が無くなっても、新たな仕事が発生することは、歴史が物語っていますので、悲観する必要はありません。むしろ、変化に乗り遅れない、あるいは変化を先取りしていくセンスが必要かと思います。

 さて、社会が急激な早さで進展していく中で、ICTはその根幹をなすGPT(General Purpose Technology:基幹的な汎用技術)と認識され、国を挙げて開発・活用が推進されているところであります。産業分野においても、多様な可能性を求めて、ICTとの様々な技術の融合(xTech:クロステック)が進んでいます。例えば、金融(Financial)とITの融合によるフィンテックをはじめ、農業(Agriculture)にITを使うアグリテック、医療(Medical)ではメドテックなど、注目されるたくさんの融合があります。融合による、発展と創造と言ったところでしょうか。

 ICTの話題ばかりですが、実は商業貿易課(当課)には、県内の情報関連産業の振興を担う庁内唯一の組織があります。課名からは想像も付きませんが、3名の職員が情報関連産業における、人材育成や企業の競争力強化に向けた取組を、平成25年度から行ってきました。

 現在、県内には約140社の情報関連企業がありますが、最近は業界の中にも元気のある企業が出てきていると感じています。売り上げも当課の調査によれば、前年を上回っています。また、一部では、首都圏等からの受注も増え、業務多忙の声を聞くようになりました。さらには、情報関連企業の誘致もありました。

 しかし、2020年に37万人のICT人材不足を、国が推計していることもあり、本県としても人材不足は将来に向けた懸念材料の一つでもあります。

 このような状況を受け、現在策定中の「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」では“ICT人材の確保・育成と情報関連産業の集積”を目玉の一つに、体制を強化し、これまで以上に集中的に取り組んで参りたいと思っております。

 皆様からのご意見、お力添えをいただければ幸いです。


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 14:29 | 幹部ご挨拶
地域の話題をご紹介します【山本地域振興局より】

平成29年度能代山本関東圏企業懇談会を開催しました

 能代山本関東圏企業懇談会は、能代山本地域へ進出した首都圏企業等へのフォローアップ体制を強化し、設備投資や新たな企業の誘致等につなげるために平成24年から開催しており、今年で6回目を迎えました。

 回を重ねるごとに参加企業が増え、今年は44社(個人・団体含む)74人の方々にご出席いただきました。

a0133583_13543580.jpg
 今回、新たな取組として実施した参加企業からの話題提供では、株式会社大林組 新領域事業第二部長・田村達一氏から「洋上風力発電について」と題し、同社が関わる秋田港・能代港湾区域内での洋上風力発電をはじめ、能代・三種・男鹿沖での洋上風力発電事業などについてご説明いただきました。
a0133583_13543963.jpg
 本県の風力発電導入量は全国2位(2016年度)となり、増加量は3年連続で全国トップとなっていますが、その中でも能代山本地域は大きい割合を占めています。当懇談会への風力発電関係企業の参加も年々増えており、同業種間はもとより、風力発電以外の業種との情報交換や繋がりを作る場としても活用されています。会場各所では多くの企業の皆様が能代山本地域の食材を使った料理やお酒に舌鼓を打ちながら、懇談する姿が見受けられました。

 今後も進出企業との関係を強化していくとともに、県外から能代山本地域へ転勤又は出張してくる方々が、住みやすくかつ活動しやすい環境づくりに地域で連携して取り組んでいきたいと考えています。

a0133583_13544414.jpg

■平成29年度能代山本関東圏企業懇談会
 開催日:平成29年11月2日(木)
 会 場:アルカディア市ヶ谷 5階 穂高
 主 催:能代山本関東圏企業懇談会実行委員会
    (能代市・藤里町・三種町・八峰町・県山本地域振興局)


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 13:57 | 産業・経済
台湾の経済団体「台湾三三企業交流会」が産業技術センターを視察
 今回、来日した「台湾三三企業交流会」は、大手企業などが加盟する経済団体です。加盟資格は、年間総売上が台湾国内でトップ100以内の企業グループに限るとされています。

 当センターの視察は、本県企業との交流や販路開拓を目的に、10月27日まで行われた県内ツアーの一環で開催されました。

 当日は赤上所長から「センター業務紹介」を行った後、実験棟へ移動し、スピントロニクス技術、超音波霧化技術、無線給電技術などの紹介を行いました。

 各見学箇所では活発な質疑応答・意見交換が行われました。
 参加企業の中には事業内容が電子・電子部品の企業も多く、スピントロニクス技術では是非台湾企業とも共同研究を行ってほしいとの声がありました。

a0133583_13473852.jpg
a0133583_13474785.jpg
a0133583_13481332.jpg
a0133583_13481989.jpg

[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 13:50 | 産業・経済
企業の受入れについて

平成29年11月13日、次の企業の誘致受け入れを決定しましたのでお知らせします。

・株式会社TGF

誘致企業の概要については、こちら を参照ください。


【問い合わせ先】
 産業労働部 産業集積課
 TEL:018-860-2250
 FAX:018-860-3869
 E-mail:yuuchi@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 12:05 | 産業・経済
現代の名工~卓越した技能者(厚生労働大臣表彰)

 厚生労働省は、広く社会一般に技能尊重の気運を高め、技能労働者の地位の向上を図ることを目的として、我が国最高水準の技能を有し、他の技能者の模範となる卓越した技能者(現代の名工)の表彰を行っています。
 表彰は、厚生労働大臣が毎年1回、おおむね150名の被表彰者に表彰状・卓越技能章及び褒賞金を授与して行われます。


■本県の受賞者(敬称略)


平成29年度

【指物職】 佐藤 咲夫 (由利本荘市:工房 咲)

 木の素材を熟知し素材を生かす技能に卓越しており、「組子細工」をはじめ、「木象嵌」「寄木細工」「挽き曲げ」等の伝統技能を極め、これらの技能を融合した新たな製品を提案し続けている。また、長年の実績と高い技能をもって後進の指導育成にも尽力しているほか、小学生を対象に木工教室を開催するなど、木工の技能伝承及び魅力発信にも貢献している。



【木材製品処理工】 福井 正人 (仙北市 自営)

 伝統工芸樺細工の製作者として技能の研鑽に励み、「型もの」では、伝統的製法を継承している唯一の職人である。また、伝統的な技能と新しい技術を融合し、常に新しい作品に挑戦する進取の気質は衰えることなく、多岐にわたる作品のスタイルは、後進の指針となっている。また、師事した若手職人が今年伝統工芸士に認定されるなど、後進の指導育成及び技能伝承に大いに貢献している。


【問い合わせ先】
 産業労働部 雇用労働政策課 産業人材班
 TEL:018-860-2301
 FAX:018-860-3833
 E-mail:koyorodo@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 11:53 | 産業・経済
平成29年度「職業能力開発関係厚生労働大臣表彰」が決定

 厚生労働省では、職業能力開発の推進に多大な貢献があった事業所・団体、個人の方々に対し大臣表彰を実施しています。

 平成29年度は、本県から1名の方の表彰が決定しました。


【 技能検定関係功労者 】

 佐々木 勝美(ささき かつみ)氏
(能代市 株式会社ササキレイトウテクニカル 代表取締役会長)


【 業績概要 】
 昭和55年以降通算22年間にわたり「冷凍空気調和機器施工」の秋田県技能検定委員として厳正、公正な技能検定試験の実施に尽力している。


【参考】
 平成29年度 職業能力開発関係厚生労働大臣表彰の概要(全国)

 1. 認定職業訓練関係 1事業所、3団体、22名
 2. 技能検定関係 20事業所、18団体、93名
 3. 技能振興関係 4事業所、2団体


【問い合わせ先】
 産業労働部 雇用労働政策課 産業人材班
 TEL:018-860-2301
 FAX:018-860-3833
 E-mail:koyorodo@pref.akita.lg.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 11:46 | 産業・経済
県内企業が日本・世界に誇る優れたものづくりを紹介します

 秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」では、世界・全国レベルで評価される優れた製品や技術を生み出す企業の紹介・展示をしています。

 今回は、その中の企業の一部を紹介します。(なお、写真等で紹介している製品の中には「ものづくり展示ホール」に展示していない製品もありますので、ご注意ください。)


株式会社グラノプト
<北秋田エリア>

 同社は2005年4月に能代市で操業を開始し、光情報通信用部材の製造・販売を行っています。

 光ファイバ通信に不可欠な部品として、光ファイバの端面などで反射して戻る光を防止する光アイソレータがあります。
 この光アイソレータの主要な材料であるファラデーローテーター(FR)を製造・販売しています。

 同部材は光情報通信網構築に不可欠な上、主要供給メーカーが世界に2社しかなく、同社が過半以上のシェアを有しています。


a0133583_10584579.jpg


 FRは、特殊な製造法で成長させた希土類と鉄を主成分とするガーネット単結晶であり、光の振動面を回転させるという特徴を有しています。


a0133583_10584926.jpg

特殊な製造法で作られた結晶
 (直径75 mm・厚さ 0.5 mm)


 本特徴を用い、光情報通信網構築に不可欠な光アイソレータ構成材料として需要が急拡大しています。

 今後、携帯電話基地局やデータセンターの増加に加え、5G通信や4K・8Kテレビ放送が始まれば、更なる需要増に繋がると考えています。


a0133583_10585160.jpg
ファラデーローテーター
(大きい製品で11mm角)


 スマートフォン(LTE)の普及とそれに伴うクラウド(データセンター)需要の発展で、FR市場は高い成長率を継続しています。

 4G_LTEの地域的発展や2020年に始まる5G_LTEおよび4K・8Kテレビの始まりを考慮すると、更なる市場の発展が期待できます。



 以上で紹介した企業の製品は秋田県庁第二庁舎1階「ものづくり展示ホール」で展示しています。是非一度足を運んでみでください。


 なお、「ものづくり展示ホール」で展示している企業・製品は予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-30 11:08 | 産業・経済
秋田輸送機関連企業ガイドブック掲載企業を募集中

 県では自動車産業及び航空機産業の販路拡大を促進するため、「秋田輸送機関連企業ガイドブック」を作成します。


【目 的】
 県及びあきた企業活性化センターの受発注アドバイザーが輸送機関連企業を訪問する際に掲載企業をPRする等、受発注マッチングの重要ツールとして活用

【掲載対象企業】
 県内で自動車及び航空機関連産業に参入または参入しようとしている企業 

※内容の詳細と申込み方法については こちら のページをご覧ください

【問い合わせ先】
 秋田県 産業労働部 輸送機産業振興室
 メールアドレス:akita-yusouki@mail2.pref.akita.jp



[PR]
# by sankeibu | 2017-11-29 18:12 | 産業・経済
起業創造塾「あきた寺子屋」を開催します

 首都圏に在住し、秋田に関わる事業や活動に興味を持つ若者等が、秋田で楽しく暮らす、働く、新たなビジネスを起こすことなどについて、学び、語り合う「あきた寺子屋」を開催します。


日時:平成29年12月2日(土)10:30~16:30

場所:スマートニュース(株)
 (東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前 2F)


プログラム:
【1部】講演会
 ・細谷 拓真氏(細谷拓真事務所代表、Yokotter代表)
 ・猿田 真氏(里山カフェににぎ経営)
 ・伊藤 茂之氏(㈱ゼロニウム代表取締役CEO)

【2部】パネルディスカッション/ワークショップ

※詳細は こちら のページをご覧ください


主催:秋田産業サポータークラブ企業振興育成WG・夢づくりWG

a0133583_17580212.jpg


【問い合わせ先】
一般社団法人創生する未来
(TEL03-5244-6691、info@souseimirai.jp


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-29 18:00 | 産業・経済
第4回医療福祉機器創生塾~ドクターと医療機器メーカーによる連携講座~開催について

 秋田県では、医療福祉関連産業における事業拡大や新規参入に資するため、医療機器開発・製造の中核を担う人材の育成を目的とした「医療福祉機器創生塾(全4回)」を開講します。
 第4回の講座では秋田大学 耳鼻咽喉科頭頸部外科 山田 武千代教授のご協力のもと、臨床現場での治療・診断の概要、実際に使われている機器類についてご講演いただきます。
 是非、本講座にご参加ください。

 日 時:平成30年1月22日(月)13:00~16:00

 会 場:秋田大学医学部附属病院 シミュレーション教育センター 
     1F TVセミナー室(秋田市本道1-1-1)

 定 員:25名

 参加料:無料


【プログラム】
[第1部]13:00~14:00
 「診療科の総論」
  秋田大学 耳鼻咽喉科頭頸部外科 
  教授 山田 武千代 氏


[第2部]14:05~15:20
 ・企業紹介・製品紹介(50音順)※各社15分
  オリンパスメディカルサイエンス販売株式会社
  日本メドトロニック株式会社

 ・実演(デモ)
  秋田大学 耳鼻咽喉科頭頸部外科 教授 山田 武千代 氏

 ・フリーディスカッション


[第3部]15:30~16:00
 ・臨床現場見学


【お申込方法・申込期限】
 受講申込書を平成29年12月22日(金)17:00まで提出

 詳細は こちら のページをご確認ください。

 ※第3回目までに参加された方で、今回も引き続き参加される方は
  再度の申込み不要

【問い合わせ先】

 秋田県 産業労働部
 地域産業振興課 技術振興班
 TEL:018-860-2246


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-29 17:48 | 産業・経済
平成29年9月分 県内経済動向調査結果

産業政策課で毎月実施している、県内経済動向調査結果

平成29年9月分については、こちらからご覧ください。

a0133583_17025036.jpg


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-29 17:03 | 経済動向調査
12月の観光・イベント情報

下記のイベントを含む県内の観光イベント情報と内容の詳細は
秋田県観光総合ガイド「あきたファン・ドッと・こむ」をご覧ください。


*なかいちウィンターパーク(秋田市)
イベント期間:2017年11月18日 ~ 2018年02月28日


*秋田ふるさと村 冬のイベント特集(横手市)
イベント期間:2017年11月29日 ~ 2018年03月11日


*なんもダイニング!(秋田市)
イベント期間:2017年12月02日


*クリスマスマーケット in 小坂 2017(小坂町)
イベント期間:2017年12月02日 ~ 2017年12月23日


*第2回 秋田酒トークないと!inのしろ(能代市)
イベント期間:2017年12月09日


*大館シャイニングストリート(大館市)
イベント期間:2017年12月09日 ~ 2018年01月14日


*秋田×アフリカ TIME~Enjoy African Food & Music~(秋田市)
イベント期間:2017年12月09日 ~ 2017年12月24日


*西目ハタハタまつり(由利本荘市)
イベント期間:2017年12月10日 ~ 2017年12月17日


*北秋田きらきらフェスティバル(北秋田市)
イベント期間:2017年12月10日 ~ 2018年02月04日


*由利高原鉄道「クリスマス列車」(由利本荘市)
イベント期間:2017年12月16日 ~ 2017年12月25日


[PR]
# by sankeibu | 2017-11-29 16:56 | 観光・イベント